ブライダルローンとは?メリット・デメリット解説【審査の甘い低金利の銀行】

結婚にはとにかくお金がかかる。結婚が決まっても結婚資金が不足する時、ブライダルローンが役に立ちます。 ブライダルローンの利用で後悔しないように事前に知識を入れておきましょう。
マカロン
ナポレオン
HOME => ブライダルローンは各金融機関にて提供さ

ブライダルローンは各金融機関にて提供さ

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますがどのような点に注目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというのは資金用途が制限されているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスの場合には、挙式と披露宴の費用が含まれていることで、それ以外の費用も認められます。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントはブライダルローンの使途の範囲がどこまで容認されているかということになります。

低金利で融資限度額が大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、一般のカードローンと比較すると手間や時間がかかるってしまうというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚関連以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンであり医療ローンや教育ローンなどと同じ種類と言えます。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後には領収書や振込控えの提出が必須となっていることもあります。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングローンと言う意味では共通していますが二つには大きな違いがいくつもあります。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられないというデメリットもあります。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いのでご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

ブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

仮に1人あたり3万円のご祝儀を用意してくれたとしても招待者が70人だと、ご祝儀の総額は210万円で90万円の赤字になってしまいます。

頑張って100人を招待できればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

結婚式などにも利用できるみずほ銀行多目的ローンがあります。

返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人はさらに年0.1%の金利引き下げを受けられます。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、ブライダルローンというローンは結婚式のために借りる方が多いと思いますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式や披露宴にかかる費用だけでも300万円はくだらないと言われていますのでそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金が300万円、ボーナス払いはナシ、金利は7%、毎月の支払を4万円で計算してみたところ、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀をあてにしていても結婚式は赤字になるのが一般的なので、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定で年7.0%、借入可能金額は最大300万円、毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行からローンを組む際に気を付けることは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

つまり、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借入れがある人はブライダルローンではあと200万円までしか借りられないのです。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

家を購入することになった場合、大多数の人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利で無理のない資金調達をすることができるのです。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ブライダルローンとは?メリット・デメリット解説【審査の甘い低金利の銀行】 All Rights Reserved.