ブライダルローンとは?メリット・デメリット解説【審査の甘い低金利の銀行】

結婚にはとにかくお金がかかる。結婚が決まっても結婚資金が不足する時、ブライダルローンが役に立ちます。 ブライダルローンの利用で後悔しないように事前に知識を入れておきましょう。
マカロン
ナポレオン
HOME => ブライダルローンとカードローンはお

ブライダルローンとカードローンはお

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンの必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を融資条件にしているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンですから結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

既に支払い済みの場合はローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

更に低金利な変動金利にすることも可能です。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込ができる人は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で完済時年齢が満71歳未満、勤続年数が2年以上で前年度税込年収が200万円以上です。

ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンというものは、低金利で数百万ものお金を融資してくれるわけですからカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴を紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

又、過去に自己破産を経験していたり数社から借り入れしている人は条件は厳しいと言わざるを得ません。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが逆に信用情報がないということで、落とされる可能性があります。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制が考慮すると、750万円から1
050万円の年収が必要になることになります。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、このままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となりますことご留意ください。

ブライダルローンは様々な金融機関で提供されていますがどの点に気を付けて決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというのは資金用途が制限されているローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ブライダルローンの選び方で重要なことはローンの使途の範囲がどこまでなのかということです。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですが毎月の返済額などを考慮して無理のないプランを組めるローンを選ぶことをおすすめします。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますからご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済してしまえば、金利の高さは関係ありませんね。

銀行のブライダルローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなくすべては用途が自由なフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですが消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンの登場です。

ブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利でローンを組むことができるのです。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ブライダルローンとは?メリット・デメリット解説【審査の甘い低金利の銀行】 All Rights Reserved.