ブライダルローンとは?メリット・デメリット解説【審査の甘い低金利の銀行】

結婚にはとにかくお金がかかる。結婚が決まっても結婚資金が不足する時、ブライダルローンが役に立ちます。 ブライダルローンの利用で後悔しないように事前に知識を入れておきましょう。
マカロン
ナポレオン
HOME => 銀行が提供するブライダルローンは

銀行が提供するブライダルローンは

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンで学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使い道に制限が課せられないフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位でローンを組むことができるのですが、カードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務先や勤務形態などが記載された勤務証明書が必要になる場合もあります。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

すでに支払い済みだとローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

オリコが提供するブライダルプラン(ブライダルローン)は金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

返済期間は6か月から最長84か月で融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も前年度の源泉徴収票や支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでまずは相場の金額で毎月の返済額や金利を含めて計算しましょう。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数が100回になり、支払期間が8年3か月にもなるのです。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

ご祝儀をあてにして100万円のローンを組めばいいと思うかもしれませんが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などに適用されるというものです。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

これから結婚式を挙げようとする若い人はそんな高収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚関連以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや医療ローン、教育ローンなどと同じ種類のローンです。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり数社から借り入れしている人は条件は厳しいと言わざるを得ません。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンは様々な金融機関で提供されていますがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ブライダルローンの選び方で肝心なことはローンの使途の範囲がどこまでなのかということです。

低金利かつ融資限度額が大きいことに超したことはないのですが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており第2位は400万円から500万円、第3位は350万円から400万円となっています。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたが重なると出産費用や赤ちゃんをお迎えする準備などにもお金がかかってきますからプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスで一般的なカードローンと比較すると低金利で融資を受けることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間があるカードローンでブライダル資金を借り入れるのがいいでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ブライダルローンとは?メリット・デメリット解説【審査の甘い低金利の銀行】 All Rights Reserved.