ヘモグロビンって何?

ヘモグロビンは血液の中にあるたんぱく質の一種で赤色をした色素です。

血液が赤いのはヘモグロビンが赤いからだと言っても過言ではないほど、血液の中の赤血球に豊富に含まれています。

ヘモグロビンは酸素の量によって明るい赤色になる事もあれば、酸素が少ない場所では暗い赤色になるという性質を持っています。

私達がけがをして血が出た場合、時間がたつと血がどす黒く変色するのはヘモグロビンが酸素に触れて色が変色したためなのです。

人間のヘモグロビンは2種類あり、通常の場合には正常ヘモグロビンが体内で働いています。

しかし、ヘモグロビンに異常が起きると貧血や鎌状赤血球症などの原因になることもあり、このように正常な働きをしていないヘモグロビンは「異常ヘモグロビン」と呼ばれています。

ヘモグロビンは血液を通して体内の全てに酸素を運ぶという大切な役割をしています。

ヘモグロビンが不足すると体内の酸素の量が不足してしまうので貧血になってしまいますし、ひどい場合には生命の危険も十分にあるほどなのです。

運動をした後に息切れや動悸を感じることは誰でも経験があると思いますが、是も実は体内の酸素が不足したためにヘモグロビンが活発に働いているサインなのだそうですよ。

私達の体が生命活動を行うためになくてはならない成分の一つでもあるヘモグロビンは、鉄分を多く含んでいる食べ物などを摂取する事でまかなう事が出来ます。

貧血気味の女性などは鉄のサプリメントを摂取するなどして貧血を避ける努力をする事も必要かもしれませんね。

ページのトップへ戻る