加齢臭と生活習慣

加齢臭は日常何気なく行っている生活習慣により発生している場合もあるので、チェックしてみましょう。

まず、加齢臭の原因物質である過酸化脂質は体内のエネルギーを生成する際に使われる活性酵素と深く関係しています。

活性酵素は体内の不飽和脂肪酸と結合して過酸化脂質を作りだすので、活性酵素の働きが活発になると過酸化皮質の生成量が増えてしまうわけです。

日常生活の中で、タバコや過度の運動、ストレスは活性酵素の動きを激しくするので加齢臭の原因にもなります。

加齢臭を生み出さないためにも、タバコを控え過度な運動はやめてウォーキングなどの軽めの運動を定期的に継続するようにしましょう。

また、日頃から自分の好きな趣味やスポーツなどを行う時間を設けてストレス発散したり、マッサージなどで心身をリラックスさせてストレスを溜め込まないように気をつけましょう。

飲酒は適量にとどめ、できれば赤ワインを飲むようにすると良いでしょう。

赤ワインには、活性酵素抑制作用のある抗酸化物質の含有量が多いポリフェノールがたくさん含まれているから効果的です。

更に、食生活においては肉やお菓子、インスタント食品など脂質や糖質が多い食品や、香辛料など皮脂の分泌を活発にする刺激物などを控えるようにしましょう。

そして、抗酸化物質を多く含んだ大豆製品や緑黄色野菜などを多く摂ることが大切です。

できるだけ脂肪分の少ない食品を多く使った和食中心の食事をバランスよく摂ることが大切です。

ページのトップへ戻る