スペキュレーションとは?

投資は戦略。

自分が投資した資産を少しでもスピーディに増やすためには、いろいろな戦略を活用する事も重要です。

そんな投資戦略の一つに「スペキュレーション」があげられます。

スペキュレーションは短期間でキャピタルゲインを目的とした取引のことで、「投機取引」とも呼ばれています。

また、スペキュレーションを得意とする投資家はスペキュレーターなどとも呼ばれているようです。

スペキュレーションは、外国為替市場や株式市場など、相場の変動を利用することで利益を得ることができる取引です。

そのため、株取引はもちろん、FX取引などもスペキュレーションに分類する事ができますね。

スペキュレーションが最も盛んに行なわれているのは先物取引かもしれません。

先物取引市場では、いろいろな商品に対して先物取引が行われています。

その中でも短期間で大きな利益をあげることが可能なハイリスク・ハイリターンな商品でスペキュレーションが行なわれる事が多いようです。

例えば、季節や天候によって価格が激しく変動する農産物、そして政治や時事などが価格に強く影響する貴金属などは、スペキュレーションが良く行なわれる商品のようです。

もちろん、スペキュレーションはハイリスク・ハイリターンの取引方法なので、大きな利益を短期間であげる事も可能ですが、価格が期待する逆の方向に変動してしまうと、大きな損失に結びつく事もあります。

そのため、投資を始めたばかりのビギナーにとっては、スペキュレーションはあまり理想的な取引スタイルとはいえないようです。

ページのトップへ戻る