TOPIX先物取引とは

TOPIX先物取引とは、東証株価指数を対象にしている先物取引のことをいいます。

東証株価指数というのはTOPIXといわれていますが、これを取引の対象にした先物取引をいいます。

TOPIX先物取引は東京証券取引所に上場していますが、TOPIXをわかりやすくいえば、東証市場第一部上場全銘柄の時価総額が、基準の日の時価総額と比べて、増えたか減ったかを通して、市場全体の株価の動きを表します。

簡単に言ってみれば、株式全体の資産価値の変化をみて、株の変動を見ていくことになります。

東証業種別株価指数は、このTOPIXの補助の指数として、日本の標準分類に準拠して33業種に分けた株価の指数のことをいいます。

TOPIXの特徴は市場第1部上場銘柄すべてがこの対象になっていますから、マーケット全体の動きを把握することができます。

それぞれの銘柄の上場株式数に応じて、比重をかけて計算しますから上場株式数の少ない高い株価の銘柄の影響はそれほど受けることがないのも特徴です。

多様なポートフォリオ運用を行っている投資家にとっては、時価総額の市況変動によって増減を表していますから、機関投資家の運用成績を図ることができやすいので、わかりやすい仕組みになっています。

なぜこのTOPIXが作られたのかというと、日経平均株価と比べると動きを的確に反映することができますので、日経平均株価225銘柄の平均の点、値ガサ株の影響を受けやすいといったデメリットを解決できるので、考えられたとされています。

ページのトップへ戻る