トロイの木馬って?

トロイの木馬とはコンピューターウィルスの一種です。

PCに侵入して、第三者が勝手に情報を閲覧できる状態にしたり、プログラムを実行したりと様々な障害をもたらします。

主に二つのファイルによって構成されており、PCに侵入(感染)するファイルはサーバー、操縦するファイルはクライアントと呼ばれます。

場合によってはサーバーが感染したPCは、クライアントを持つPCの支配下に置かれることになります。

第三者の思うがままに自分のPCを操作されてしまうわけですから、情報漏洩をはじめとして様々なリスクが生じます。

ただし、トロイの木馬には様々な種類が存在するため、危険度の高いものもあれば、ほとんどPCの動作に支障をきたさないものもあります。

高性能なタイプのウィルスになると、HD上の全てのファイルにアクセスすることが可能です。

さらには、そうした情報を盗み、あるいは消去することも可能です。

過去にはトロイの木馬による情報漏洩が度々問題化しており、その対象は個人的なメールから、仕事上の機密ファイルにまで及びます。

危険度の低いトロイの木馬は、ネットのアクセス履歴やデータの更新履歴などを収集します。

目に見える被害がないだけに感染に気が付きにくく、現在も数え切れないほどのPCユーザーが、トロイの木馬に感染したままネットにアクセスしていると考えられます。

動作に不良をきたさないからといって無視はできません。

ネットショッピングを利用した際などに、クレジットカードの情報を盗み出され、金銭的な被害をもたらす危険性もあります。

ページのトップへ戻る