任意整理って何?

任意整理とは、多重債務などで生活が破綻してしまいそうな債務者を救済するために、裁判所などの公的機関を通さないで、弁護士や司法書士などの専門家が仲介者として債権者と交渉し、債務の減額や返済方法を決定し、和解することです。

公的な機関を通じないわけですから、債務者本人が債権者に働きかけることもできますが、法律で定められている手続きではありませんから、債権者には話し合いに応じる義務がないため、専門家が間に入らないと相手にされない事例が多いようです。

任意整理を進める手順は、まずは専門家に整理を依頼します。

専門家は、利息制限法で借金残高の引き直し計算をします。

これは貸金業者が悪用してきたグレーゾーン金利で払いすぎた返済金を取り戻すための計算です。

貸金業者が出資法の定める高い利率の対して、個人への融資であれば遵守しなくてはいけない利息制限法の利率にのっとって、返済中または完済した借金の残高を再計算することにより、返済総額を減額できる可能性があります。

残高の見込みが出たところで債務者と月々の返済可能額を決定します。

債権者に対して債権の減額と返済方法について要求します。

債権者側からの訴えも聞いて返済額と返済方法を決め、合意します。

合意後は返済計画に従って完済を目指していきます。

3年?5年を目安に返済計画を立てることが多いようです。

任意整理が始まれば借金の返済は停まります。

一定期間信用保証会社のブラックリストに載ってしまうことや、クレジットカード発行や借金ができなくなるなどのデメリットありますが、多重債務で生活を脅かされるほど悩んでいるのであれば、一度専門家に相談してみましょう。

ページのトップへ戻る